小説と一緒に旅をしよう

忙しくて旅行もできないなんていう人には、小説がお勧め!世界各国どこへでもひとっ飛びできます♪

まだ見ぬ世界への旅立ち

小説を通じていろんな世界を目にするようになり、自分の感性や考え方に大きな刺激をうけるようになりました。人から勧められ、はじめて官能小説というものを読んでみました。 うん。いろいろ考え方や見る目がかわるね……。

そろそろマウスを変えようかな?

ずっと同じパソコンのマウスを使っているので、そろそろ新しいのを買おうかなって思っています。今欲しいのはワイヤレスタイプ。「まだワイヤレスじゃないの?」と友人に驚かれたのですが、今はワイヤレスが普通なのかな?ワイヤレスになるとちょっと値段が上がるので、ずっとためらっていましたが、そろそろいいタイミングだと思うので買っちゃいます!ネットで見ていると色々な種類があるので、どれがいいのか迷いますね。お店に行って買ってもいいですが、余計なものまで買っちゃいそうでね。でも、調べてみたら1000円前後で買えるっぽいです。もっと高いと思っていましたが、今は安く買えるんですね。これなら余裕。
できれば、可愛いデザインのマウスが欲しいです!あとマウスパッドも一緒に買う予定です。最悪、マウスは可愛くなくてもマウスパッドは可愛いのが欲しいな。ディズニー系のとかないのかな?ミニーちゃんのがあったら絶対に買います。ブックカバーもディズニーキャラクターのものを使っているし。合わせようかなって思って。ただ、マウスによって機能が違うのでしょうか?今、それが気になってます。正直、その辺は疎いのでよく分からないです。パソコンに詳しい人に相談してみようかな。

カタカナのビジネス用語に違和感

最近、これってどうなの?と思うことがあります。それはカタカナのビジネス用語です。別に使ってもいいけど、日本語で言えばいいのでは?と思うことが多々あります。難しい言葉を使わずに普通に言えばいいような気がするんですけど、そう思うのは私だけでしょうか。特にIT企業で働いている友人がいっぱい使うので、何を言っているのか分からないことが多いです。小説のことなら分かるけど、カタカナのビジネス用語はちょっと苦手です。その人がよく使うのが「アジェンダ」という言葉です。みなさんは分かりますか?アジェンダとはやるべきことをまとめたもの、つまりプログラムのようなものです。「昨日、アジェンダに沿って会議を進めたんだけど」みたいなことを言われて、なにを言ってるんだろう?って思ってしまいました。
そして、「デフォルト」もその友達からよく聞きます。「俺は9時出勤がデフォルトだよ」と言われて、ちんぷんかんぷんでした。調べてみるといつも通りという意味らしいです。それなら「いつも9時に出社してるよ」でいいような気がしてしまいます。否定するつもりはありませんが、過度なカタカナのビジネス用語は分からない人にとってストレスになるので、その辺を考えて話して欲しいかも。普通の人は結構知らないと思うし。

噴水に近づいて大失態

噴水がある公園ってありますよね?夏になると中に入って遊べるようになっていて、子供たちでにぎわいます。その光景を見ていると夏だなって感じがします。ただ、噴水にはトラウマがあります。数年前のことですが、公園の噴水に小説を落としたことがあるのです。あの時はかなりショックでした。自分の本ならまだしも、友達から借りていた本だったので、泣いて謝りました。友達は怒りませんでしたが、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになったので、噴水を見るとそのことを思い出します。
別に近くで本を読んでいたわけではありません。「噴水だ!」と思ってはしゃいで近づいた時にバッグから本が落ちて、そのままドボン。それまでテンションが高かったですが、落として一気にテンションが下がりました。それからは借りた本を持ち歩かないようにしています。自分のならいいけどまた人の本を汚したら大変だしね。怒る人ならものすごく怒ると思うので、あの時は運が良かったです。貸してくれた友達は本当にいい子で、怒ったところを見たことがありません。すごくおっとりしていて、まるで漫画や小説に出てきそうなヒロインみたいな雰囲気です。顔も可愛いし、スタイルもいいし、私からするととてもうらやましいです。

私の中での究極の選択

所持金が1000円。この場合、本を選びますか?それともご飯を選びますか?昔、お金を使い過ぎてこの選択を迫られたことがあります。かなり悩んだ結果、私が選んだのは本でした。おかげで食材を買うことができず、数日ひもじい思いをしましたが、なんとか乗り切りました。普通の人ならご飯を選ぶと思います。私も普通の状況ならご飯を選ぶと思いますが、あの時はどうしてもその小説が欲しかったので本を選びました。その小説を見る度に当時のことを思い出して、笑ってしまいます。
ただ、今思うともっと簡単に金欠を解決できる方法がありました。読まない本を売れば良かっただけですよね。あの時は全く思いつきませんでした。今よりは持っている本の数が少なかったですが、それでも読まない本はけっこうあったと思います。20冊くらい売れば1000円くらいにはなったと思うので、あんなに苦労することはなかったかもしれません。もし、今の私が同じ状況になった場合、多分本を売ってピンチを乗り切ると思います。読まない本は相当あるので、数千円は軽くいくんじゃないかな。今なら宅配買取で売ることもできるので、わざわざお店に持っていく必要もないし、出張買取なら家まできてくれます。

若者の活字離れは本当なのかな?

「若者の活字離れが深刻だ」とよく耳にしますよね。私も「そうなのか」って思っていましたが、「実際はそんなことない!」という意見も多いようです。紙で読まなくなっただけで、スマホやタブレットで読んでいる人はたくさんいるっていうのがその人たちの言い分です。たしかにそれはあるかもしれませんね。10代や20代はわざわざ本屋に行って買うよりも、電子書籍を利用しているケースが多いかも。知り合いも読みたい本はダウンロードして読んでいるし。だから、一概に若者の活字離れが深刻化しているとはいえないかもしれません。案外、手軽に読めるようになったから、増えていたりして。まぁ、実際はどうなのか分かりませんが。
ただ、どっちにしろ、本を読まない人は年齢に関係なく読まないでしょうし、読む人は読むと思います。読むか読まないかは自由なので、一生読まない人だっているかもしれません。読まなくても働くことはできますしね。そして、読みたいけど読めない人も多いんじゃないかな。時間がない人だと読書の時間を睡眠に使いたいと思うだろうし、他の趣味に使いたいと思っても仕方がないです。無理に読書をする必要はないと思いますし、強制されて読むものではありません。でも、読んだ方が色々なメリットがあるので、私はおすすめしますけど。

一番好きな小説は決められない

小説が好きだというと「今まで一番面白いと思った作品は?」とよく質問されます。この質問をされると毎回困ってしまいます。だって、好きな作品がいっぱいあるので一番を決めるのは難しいです。ジャンルによって面白さが違うし、どれが一番かは決めることができません。適当に答えるのもなんだか嫌だし、いつもこういった質問をされた時は上手く誤魔化します。みなさんは好きな作品を聞かれて、すぐに答えることはできますか?たくさん読んでいる人ほど決めるのが難しいと思います。
ただ、最近「一番かも!」と思えるような作品に出会いました。たまたま古本屋で見つけた小説なのですが、これがすごく面白い!マイナーな作家のマイナーな作品ですが、個人的には1番にしてもいいかなって思っています。そのくらいの衝撃だったので、どうしてこれが売れていないのか分からないです。多分、これからも話題になることはないと思いますが、私はその作家さんを応援しています。内容は好き嫌いがハッキリと別れるような感じだけど、読んでみて損はないと思います。近々、本好きの友人に会うのでその時にその小説を貸す予定です。友人もけっこう好きそうな内容だと思うので喜んでくれるはず!読み終わったら感想を聞いてみます。

また家計簿を復活させようかな

今、再び家計簿を復活させようか考えています。昔、つけていた時期があったのですが、面倒になってやめてしまいました。というかやり方というか使い方が間違っていたので、あまり意味がなかったからというのが真相かな。当たり前のことだけど家計簿をつけるだけではなにも意味がありません。つけたものを見て、この出費が多いとか、ここを節約しようとかそういったことを考えないといけません。ただ、あの頃の私はそんなことを全くしないで、買い物をしたらただつけているだけでした。ようはつけることに満足していたのです。これが失敗した要因でした。
今回はそのことをちゃんと理解しているので成功するとは思いますが、続けられるのかが心配です。面倒になってしまってやめてしまう可能性も少なからずあります。でも、欲しい小説がたくさん見つかってしまったのでそのためにもお金が必要です。そうするとやっぱり家計簿をつけないと駄目かなって考えています。もし、やるなら少しでも長続きさせるためにノートではなくて、スマホのアプリを利用しようと思っています。ノートに書くよりも楽しそうだし、楽そうだし、こっちの方が続けやすそうです。たしか無料のアプリがあったので、それを試しにダウンロードしてみます。

図書館で恥ずかしい思いをした

本を返しに図書館に行って、そのついでに何冊か読んでいたのですが、仕事の疲れもあって強い睡魔に襲われました。気がついたら1時間程度寝ていました。せっかくの貴重な時間を寝て過ごしたことにガッカリ。たまにやっちゃうんですよね。図書館って静かだから、ついつい寝てしまうことがあります。ただ寝るだけなら迷惑をかけないのでいいと思いますが、今回はどうやら違ったみたいです。よく会う常連の人がいるのですが、その人に「だいぶ疲れているんだね」と言われました。たしかに疲れてはいるけどどういった意味なのか分からなかったので聞いてみるといびきと寝言がすごかったようです。しかも両方ともかなり大きかったようで、もう最悪ですよ。
普通の場所ならいびきや寝言程度ならみんなも気にならないと思いますが、場所が場所なだけに物凄く響いたはずです。起きた時に私の周りに人がいない理由がようやく分かりました。とても恥ずかしい気持ちになったし、迷惑をかけてすいません!という気持ちが強くて、穴があったら入りたかったです。自分が気づいていないだけで、もしかすると普段からいびきをしていたり、寝言を言っている可能性もありますよね。そういえば、以前友人の家に泊まった時、朝起きて笑っていたのはそれが理由だったのかな?

大人になったと思った時

みんなはどんな時に「自分も大人になったな」と思いましたか?けっこう多いのが車を運転した時だと思います。それまで親に乗せてもらうのが当たり前だったのが、自分が運転するようになって「大人になったな」と思う人が多いはずです。友達はまさしくそのパターンでした。私の場合は小説を大量に買った時です。この時に初めて「私って大人かも!」と思いました。今まで1冊、または2冊が一度に買う限界でしたが、働くようになってまとめて5冊とか6冊買うようになりました。初めてまとめ買いした時は感動しました。
あとは高いレストランに自分のお金で行った時にも思いましたね。今でも忘れません。友達と一緒に初めて高級レストランで食事をした時に「自分のお金で来れるようになったんだ」と思いました。ただ、その時食べた料理の味は覚えていません。あまりにも緊張していたので、味わう余裕がなかったです。2回目行った時はちゃんと味わうことができました。その時はたしか友達とではなく、当時付き合っていた彼氏だったかな?奢ってくれなかったのをよく覚えています!逆に私は全部出して、それで別れたはずです。せめて折半にして欲しかったな。そうすれば、別れることもなかったと思うし。

自転車を買いたい

今、欲しいものは自転車です!持っていたのですが、だいぶ古くなってきたので新しいものが欲しいと思うようになりました。ママチャリもいいけどオシャレな感じのやつがいいかな。折り畳みの自転車ってあるじゃないですか?あれってどうなんでしょうね?オシャレに見えますが乗り心地とかはどうなんだろう。スピードがあんまり出ないのは知っています。友達が乗っていて、前に「タイヤが小さいからスピードがね」という話を聞いたことがあります。折り畳みは長距離向きではないのかもね。どっちかというと街乗りみたいな感じでしょうか。機能性を考えると断然ママチャリが良さそうですが、見た目はやっぱり折り畳みが格好いいのですごく迷います。
新しく自転車を買ったら、それに乗ってちょっと遠くにある図書館に行ってみたいです。歩いて行くには距離があるし、だからといってバスに乗るほどの距離でもありません。微妙な距離にあるので、自転車を使いたくなります。けっこう本が充実しているので、たまに頑張って歩いて行っていますが、やはり疲れるので自転車があったらいいなっていつも思っています。予算は10000円くらいかな。10000円もあればそれなりのやつが買えると言われたので、近々見に行ってきます!